MAINTENANCE

当社の主な整備メニューです。

整備・メンテナンス

整備・メンテナンス

車検整備、1年点検をメインとし、定期的なオイル交換や、タイヤ交換、ナビやドライブレコーダーの取り付けといった電装品関係、

走行中にエンジンチェックランプが点灯した!などの急なトラブルにも対応しています。

弊社では車種に応じてテスターを使い分けることで、現在どのような故障が起きているかを把握し、お客様と話し合いながら整備の方向性を決めています。

この部品がダメそうだから交換!ということではなく、ほかにも選択肢がないかを探りながら、より納得して頂ける形での整備を心掛けています。

軽自動車、普通車、輸入車(ポルシェ、BMW etc.)などお気軽にお問合せください。

板金

板金

鈑金作業は皆様も良くご存知とおもいますが、ハンマーと、ドリー(あて板、又はうらあて金)で凹みをたたいて修復する作業です。いかに鉄板をもとの形に戻すかが、次の作業にかなり影響します。 次の作業としてはパテ形成作業です。パテ作業としては、パテ付け面積がより小さく、よりパテ厚が薄いほうが理想ですが、最初の鈑金作業の精度でかなり左右されます。

特にポルシェのパネル曲面は、独特ですよね。あの曲面をどの様にうまく仕上げるかが腕の見せ所です。 当社で使用しているパテは、RM社のストップマルチです。このパテの良さは鋼板に 対しての密着力、防錆力が他の製品に比べてかなりすぐれている点で殆どパテ部の後トラブルがありません。

フレーム修正

フレーム修正

当社で使用しているフレーム修正機は、フランス製セレット社のセレットベンチです。 このフレーム修正機の特徴としては、いろんなカーメーカーの各車種ごとに、その車専用の治具があり、各アンダーボディのポイントにその専用治具を取り付けることにより ボディ寸法の測定と各部位の前後、左右、上下位置が一目瞭然で分かるというものです。 そして、その治具に合わないポイントを引き作業や、板金作業をして合せるというものです。

アッパーボディに関しては、外測ゲージというものがあり、必要に応じてアッパーボディの寸法を測ります。各測定ポイントの精度としては、測定ポイントと専用治具との合せ部のほとんどが、ボルト締めのため1ミリでもずれてるとボルトが入らないというものなので1ミリ以下ということです。但し、ポルシェに関してはこのセレットベンチと専用治具が あればどこのボディショップでも同じ、というものでもなく、熟練と経験がかなりのポイントとなります。

塗装

塗装

弊社では、地球環境や作業者に対する作業環境に配慮した高性能塗装ブースを使用 しています。

塗料はフランス製の「RMダイヤモンドシステム」を使用しております。主に輸入車の指定塗料になっている信頼と実績のある塗料です。当社では、温度管理・内圧管理が、適切にできるマイコン制御の塗装ブースで焼付け塗装を行っております。

ポルシェをはじめ、欧州車の修理、ボディチューニングは当社へお任せください